仏様の御教え


今回は音楽のお話しです。私はアメリカで布教活動をしておりました時に、ジャズを聞くご縁を頂いたことがあります。
ジャズは、ピアノ・トランペット・ドラム・ベースなど色々な楽器の演奏者が、それぞれお互いの個性と特徴を尊重し合いながら、お互いの個性や特徴が活かされるように演奏されます。そして、一つの素晴らしい音楽を作り出すのです。誰か一人が自分だけを強調した演奏をしたら、それは音楽として一つにはなりません。そして、聞いている方も、演奏者の誰がどこでエゴ、即ち自我を出したかということを感じることが出来るのです。ジャズミュージシャンの才能は、その自我に酔いしれるか、それとも自我であると気づくかによって決まるようにも思います。よく「ジャズはどこで拍手していいか分からない」という事を聞きますが、バンドの全員が、互いを尊重し、皆が活かされ、一つになった時、観客は一番大きな拍手を送るのです。
このジャズから私たちは多くを学べると思います。
その一つは、人それぞれの個性や特徴が活かされるためには、他の個性や特徴を尊重しなければならないということ。
次に、それぞれの演奏者がお互いの個性や特徴をもって演奏し、なおかつ一つの素晴らしい音楽を生み出すには、その中心になるものが必要であるということ。ジャズにおいてその中心となるのは楽譜です。
個性の強い人達が集まって、様々な楽器を演奏するのですから、楽譜通りには行きません。右に行ったり左にそれたり、それがジャズの味わいとなって一つの素晴らしい楽曲となり、楽譜が有るお陰で、大きく道を外すことはないのです。
我々の人生におけるこの楽譜がお釈迦様の御教えだと思うのです。

禅昌泰賢

愚癡なる人


曹洞宗の御本山永平寺の御開山道元禅師様に、一人の年老いた尼僧様が仕えておりました。その方は、むかし身分のある御婦人であったようで、いまのご自分を卑しんで、何かといえば、人に対して「昔は身分のある婦人であった」と話され、周りの人にそのように思われたいと考えていたようです。
私達も、その様に人に良く思われたいという気持ちがあるものですが、道元禅師様は、「詮なき事」「何の役にもたたない、全くいらないことだ」、と示され、戒めておられます。
愚癡とは口に出していう言葉のことと思いがちですが、昔はその人の生き方を指していたようです。
漢和辞典を開いてみると、「禺(グ)」が、さるに似たナマケモノの形で、下に心ですから、「心の働きが鈍い」という意味を表すそうです。
ぐちの「癡」は、人が病で寝台にもたれる形を表し、「物事にうまく対応できない病」おろかの意味を表すそうです。
私たちは、自分の思い通りにならい時や、自分の都合に適わない事などがあると、ついつい愚痴を言ってしまいますが、言葉はそのままその人そのものですから、「愚痴なる人」にならぬよう、お互いに気を付けたいものです。

禅昌泰賢

「無常」 – 今月の法話


フランスのロワール地方を訪れた時のことです。
あるワイナリーで初老の紳士と出会いました。
その方は永年ワイン造りに携わってこられたようで、私にワイン造りのお話を聞かせてくださいました。

そのお話の中で特に私を驚かせたのは、最先端のワイン造りについてのお話でした。
「最近アメリカなどでは、人工衛星から送られてくる気象観測データをコンピューターが計算し、雨量や温度を人工的に管理して、 毎年ある程度一定した高品質なワインを作ることが可能になっている」という事でした。
でもその技術が「伝統的なワインを味わう楽しみや喜びを失わせてしまうのではないか」と悲観的に話されたのです。
つまり、「何年のいつ頃、何処どこ地方で 適度の雨が降り、夏も暑かったから、その 地方のワインが美味しい」というような、伝統的なワインの楽しみ方が失われてしまうことを心配されていたのです。

日本でも桜の花が一年中咲いていたら花見をする人はいなくなるでしょう。
無常、常に無い、移り変わる季節や気候であるからこそ、私たちは花を愛でる喜びを味わえます。
永平寺を開かれた道元禅師様は、「本来の面目」と題して次のような句をお詠みになっておられます。

「春は花 夏ほととぎす 秋は月
冬雪さえてすずしかりけり」

この一句は、我々の思いとは裏腹に、大自然は誰にもコントロールされることなく動いているよと、大自然の人為を超えた真実を私たちに気づかせてくれます。

禅昌泰賢